新社会人がキャッシング契約をするなら実家暮らしが有利?

投稿者: | 08/14/2017

新社会人にとって、突発的な出費により手持ちの現金が不足してしまうことがあります。特に入社から間も無く、ボーナス支給までは節約生活をする方も多い筈です。しかし、大学を卒業し、就職した方の場合は高校時代の友人が結婚するといったことも少なくはなく、カードローンを契約して出費に対応するようになります。

新社会人の場合、金融取引履歴の情報が少ないため、信用度が低くなってしまいます。そのため、カードローンを契約出来ない場合や利用限度額が低くなるケースがあります。では、少しでも審査条件が有利になる方法を考える筈ですが、実家暮らしの方の場合は一人暮らしの方に比べ、審査通過率がアップします。実家暮らしの場合、毎月の出費が一人暮らしより少ないため返済能力が高いだけでなく、家族を通して連絡が出来るといった点や債権回収が出来なくなるといったリスクが低くなります。

実家暮らしの場合、契約書類や利用明細、ローンカードの郵送に家族にバレないかと心配ではあるものの、審査落ちというリスクを軽減することが出来ます。将来的なキャッシング契約に備えて一人暮らしを始めるよりも、実家暮らしの段階から借り入れと返済を繰り返し、信用度をアップさせることの方がメリットとなります。